月別アーカイブ: 2014年1月

東京一極集中

 

第5次全国総合開発計画「21世紀の国土のグランドデザイン」で提唱されている多軸型国土構造

 

 

写真・図版

福井県のUターン就職率

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第一次産業就業者の比率は、全国では、平成12年には5.0%、平成17年には4.8%であり、全10地域のうち2地域で上昇している。第二次産業就業者の比率は、全国では、平成12年には29.5%、平成17年には26.1%であり、すべての地域で下降している。第三次産業就業者の比率は、全国では、平成12年には64.3%、平成17年には67.2%であり、すべての地域で上昇している。

第一次産業就業者の比率は、東北において10.4%、四国において9.7%と高くなっている。第二次産業就業者の比率は、東海において34.8%、北陸において32.1%と高くなっている。第三次産業就業者の比率は、南関東において75.5%、北海道において72.7%と高くなっている。

首都圏における県内総生産の産業別構成比について見ると、第二次産業構成比は、群馬県では36.9%、栃木県では41.1%、茨城県では35.7%と高くなっている。第三次産業構成比は、東京都では86.1%と全国で最も高くなっている。

労働生産性について、平成2年の値を100として比較すると、平成16年には全産業では117.80であり、製造業では140.44である。

生産性